TOKYO PRO Market上場企業経営者の会
メニューアイコン
設立趣旨について

TOKYO PRO Market上場企業経営者の会
BELLSが目指すもの

TOKYO PRO Marketを、更なる“成長のための市場”に。

 

TOKYO PRO Market上場会社様の更なる成長・発展に繋がる、イノベーション創出の場として

「BELLS」は、会員であるTOKYO PRO Market上場会社相互の懇話親睦を図るとともに、各会員における企業経営上の成長手法やノウハウを共にすることにより、会員の振興及びTOKYO PRO Market市場の発展に貢献することを目的としています。

さらには、TOKYO PRO Market市場と全国のTOKYO PRO Market上場企業が発展していくことで、真の地方創生の実現を目指します。

BELLSが果たす4つの役割

①TOKYO PRO Market上場会社相互の懇話親睦
②BELLS会員間での企業経営上の成長手法やノウハウの共有
③定例交流会におけるゲスト講演等、BELLSのコンテンツを通じたビジネスヒントの獲得
④TOKYO PRO Market市場の更なる活性化・裾野拡大と地方創生への貢献

 

TOKYO PRO Marketは今まさに「覚醒」の時

史上最速ペースで拡大するTOKYO PRO Market

TOKYO PRO Marketには、2022年8月10日現在で56社が上場しています。
2009年のマーケット開設以降、特に近年は新規上場会社数は右肩上がりで増加をみせており、2021年は史上最多の13社が新規上場を果しました。

2022年は7月時点で既に11社が上場しており、今後は今まで以上にマーケットが拡大していくことが見込まれています。

 

柔軟な市場設計だからこそ、様々な特徴を持つ会社が上場

TOKYO PRO Marketの大きな特徴の一つは、その柔軟な市場設計にあります。
一般市場では、一定の「利益の額」「株主数」「流通株式比率」といった数値的なハードルが設けられていますが、TOKYO PRO Marketにはそれらの基準が一切ありません。
そのため、東京証券取引所の他の市場(プライム・スタンダード・グロース)と比較しても、幅広い規模・業種の会社が上場しています。

多く企業に門戸を開いている株式市場として、TOKYO PRO Marketは、いま、最も注目されています。

>>TOKYO PRO Marketについて詳しくはこちら

 

 

主催者からのメッセージ

雨森 良治(あめもり よしはる)
Yoshiharu Amemori

(株)日本M&Aセンター
上席執行役員
TOKYO PRO Market事業部長

西日本を中心に13年間M&Aを通じた事業承継支援を行ってきた西日本を代表するM&Aプレーヤー。 2019年7月に当社がJ-Adviser資格を取得後、2020年よりTPM上場推進の統括責任者に就任。全国の中小企業や会計事務所、金融機関向けにTPM上場啓発活動から上場準備支援活動に至るまで精力的にこなしている。

BELLSの設立にあたって

TOKYO PRO Marketの活用方法・ノウハウを共有し既上場企業の成長の後押しをお手伝いする趣旨で、今回TOKYO PRO Market上場企業経営者の会「BELLS」を発足させていただきました。

BELLSでは、担当J-Adviserや監査法人に捉われることなく、純粋に会社の成長を追求する経営者の交流の場として活用していただき、成長のヒントを共有することで全てのTOKYO PRO Market上場企業がステージアップしていただくことを期待しております。

弊社TPM事業部のパーパスはTOKYO PRO Market市場を通じて全国からスター企業を生み出し地方創生・日本創生に貢献することであり、上場支援のプロ集団として全国に上場を目指す文化を創ることです。

さあ皆さんもこの有望な市場への上場とその後の大きな成長を実現することを一緒に目指してみませんか。

>>主催者挨拶 全文はこちら

お問い合わせ

入会のご希望やご質問等、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

よくあるご質問

「BELLSに入会すると、どういったメリットがありますか?」
「入会の手続きはどのような流れで行えばよいのですか?」
「入会費用や参加費用はかかりますか?」等、
BELLSに関するご質問についてまとめております。

詳しく見る

お問い合わせ

入会のご希望やご質問等、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム